相続する時はプロに任せて問題解決!~生活トラブル回避術~

スーツ

サポートがある

勉強

千葉にある司法書士事務所では、相続の問題を解決してくれます。相続に関するトラブルが多くあります。自分たちで解決しようとしてはさらに、悪化することがあります。ですが、司法書士事務所では問題が悪化することなく解決できます。

View Detail

証拠を残す

学問

浮気や暴力などの原因で離婚を考えている方は、慰謝料を請求することができます。また、高額な慰謝料を請求したいという方は、メールや写真などを残しておく必要があるのです。

View Detail

依頼をする

スーツ

千葉にある司法書士事務所では、相続の問題を解決してくれます。相続に関するトラブルが多くあります。自分たちで解決しようとしてはさらに、悪化することがあります。ですが、司法書士事務所では問題が悪化することなく解決できます。

View Detail

残された遺族で話し合う

弁護士

資産を受け継ぐ

相続というのは、平たい言い方をすると「受けつぐ」ということになる。「受けつぐ」というのは「上の世代から、いつか下の代に伝えるために譲り受ける」というニュアンスを持つ言葉ではあるが、実際に相続が行われた後のことは人それぞれである。たとえば、この言葉は、亡くなる人が遺す財産である「遺産」を受けつぐというときに使われる。遺産を受けつぐのは、法律(民法)によって定められた相続人であり、あるいは亡くなる人が残した遺言書で指定された人である。相続人は、亡くなる人の配偶者や子が中心となる。

遺産分割

遺産相続は、「全員が納得の行くように」という部分であり、誰かがまだ納得しないうちにその他の人たちで話を進めることは出来ない。遺産が実際に分けられるのは、全員が同意したときのみである。遺産を分けることが大変なのは、「全員が納得の行くように」という条件があるから、だけではない。たとえば、2010年代の初めの2年、遺産の内訳として半分近くを占めていたのは「不動産」であった。不動産といえば、土地や家屋などの「切り分け」が不可能なものである。言い換えれば、遺産分割が難しい代物なのである。もちろん、資産価値がいつでも一定の数値を示すという強みがあるが、分割には不向きなのである。より一層、「全員が納得の行くように」というところが大切になってくる。

評価額

不動産が遺産となっているときに分割が難しいのは、その価値を一般人が正確に測ることが出来ないからであるだろう。ある程度の価値があることは分かるものの、具体的にいくらの価値があるのか、それについてはなかなか、専門的な価値の割り出しの知識がなければ把握するのは難しい。そのため、現在では評価額を知るためにこの分野の価値判断を行うプロフェッショナルである鑑定士が雇い入れられることが多い。遺産相続の場面には、弁護士などの法律家がつくことがあるが、不動産鑑定士もまた同じように、遺産の行方を見守るひとりとして参加する場合がある。