相続する時はプロに任せて問題解決!~生活トラブル回避術~

弁護士

証拠を残す

学問

離婚する夫婦は増えており、シングルマザーやファザーの方も多くいるでしょう。また、離婚の原因としては夫婦によってそれぞれで異なりますが、家庭内暴力、浮気、生活費を渡してくれないなどが多くあります。これらの問題は離婚の際、相手から慰謝料を請求することができます。また、内容によりますが不当の行為であれば、慰謝料の金額相場は100万から300万とされています。精神的屈辱やショックについて正当な補償を受けられるのです。ですが、内容によっては慰謝料を請求できない場合もあります。浮気に関する問題は一度きりの関係だと慰謝料を請求するのは難しいといえます。そのため、慰謝料を請求する際は持続的な関係が無いと請求ができなくなってしまいます。また、家庭内暴力となると、肉体や精神的苦痛を受けた場合、慰謝料を請求することができます。また、言葉での精神的苦痛を受けた際も可能になります。また、高額の慰謝料を請求したいと考える方も多いでしょう。共通していえるのは、重要な証拠を残すことが大切になります。

離婚をする際は、夫婦で離さなければいけませんよね。ですが、家庭内暴力を振るわれている方だと、相手からまた殴られてしまうのではないか不安になります。そういった方は、弁護士に相談すると良いでしょう。初めて相談するという方でも相談ができ、費用が発生しないところも多くあります。法律の知識が無ければどのように対処すればよいか分かりませんよね。さらに、弁護士に慰謝料請求の相談をした際でも、大まかな金額を調べられます。